Puerta(プエルタ)熊本FCは熊本県熊本市の少年(ジュニア)のサッカークラブチームです。

Puerta熊本FC お問合せ:090-3668-6182
指導目標
ホーム 活動予定表 コース紹介 指導目標 規約 プエルタの由来紹介 入会紹介 puertaブログ サイトマップ
 
プエルタ熊本FCはサッカーを通じて「心技体」の成長を目指します
1.小学校、中学校へつなげる為の基礎づくり
サッカーが大好きと言ってくれるような指導。ドリブルやパス等、かたちにこだわらず子供達の思うまま自由にサッカーに楽しんでもらい、子供達の個性を十分に引き出す指導に心がける。ボールを使って色々な遊びを指導する。病気やケガをしない健康な体づくり。
 
2.教育、遊び、スポーツ、全てが必要な時期
幼稚園、保育園に通う子供達に最も必要なのは教育、遊び、スポーツが充実することではないかと考えます。色々な形で奇心旺盛な子供達に、遊び・スポーツの両面から少しでもサッカーを通して役に立てる。現代の子供達はゲーム機やパソコン等で遊び学習し、外にでる機会が少なくなりがちになる為、サッカーをする事で外で走り回りバランスをよくする。
 
3.礼儀
おはよう、ありがとう等、素直な気持ちで挨拶ができるよう指導していく。服装も自分できちんとできるよう指導する。
 
小学校低学年指導目標
1.基本技術指導法
本格的にサッカーを大好きになってくれる時期。基本技術指導法を取り入れた一貫指導の始まりの時期です。数多くボールに触る事によりボールと親しみ、少しずつボールが自分の思うようにコントロールできるようになりボールに触る楽しさ、蹴る楽しさ、ドリブルする楽しさがでてきて、本当の意味でサッカーとの出会いの時期だと考えます。小学校高学年につなげる為の大事な基礎トレーニングを行う。
 
2.教育・遊び・スポーツ全てが必要な時期
小学校に入って間もない時期は幼稚園・保育園の延長で、勉強も遊びもスポーツも切り替えができない状態です。一つだけが満たされても子供達は満足しない時期です。そこでサッカーを通して少しでも役に立てたらと考えます。
 
3.礼儀
ボールやスパイク、ユニフォームに限らず持ち物を大事にする気持ちを育てていく。
 
小学校高学年指導目標
1.ゴールデンエイジ
心、技、体とも全てにおいて充実していく時期です。技術の習得に最も適している時期です。この時期に基本技術指導法を主に、ボールを止める事、ドリブルで相手をフェイントをつかって交わす事、等サッカーで必要な技術の全てを指導していく時期です。また、フィジカルトレーニングを少しずつ取り入れて、体のバランスや機能の向上を図ります。常にプラス思考で物事を考えさせて「絶対できる」と言う気持ちを忘れないようポジティブな考えを持ってもらう。
 
2.可能性を見つけ出す
チャンピオンシップにこだわらず全ての子供達にチャンスを与え、他の選手より優れているところを探し出し、そこを伸ばしてやる。数多くのゲームを行い、ゲームの中でしか見ることのできない子供達の可能性を見いだす。また技術の習得の確認を行う。
 
3.礼儀
練習中や試合会場での挨拶や服装の点検は勿論のこと、練習外での挨拶や服装の点検もしていく。
 
4.トップチーム
小学生のトップチームをつくる。但し、小学生においてのトップチームとは、4年生・5年生で育てあげてきた子供達をプエルタの小学生の代表として大会の多くなる時期、6年生時に作り上げるチームのことである。
 
中学生指導目標
1.チャンピオンシップ
プエルタ熊本FCのトップチームをつくる為の指導。小学校でつくりあげた技術を基に色々な戦術を指導し、チャンピオンを目標にチームづくりをしていく。個人個人の技術・体力に合わせたポジションを決定していく。チーム全体の目標として、常にゴールを狙うチーム(ダイレクトプレー)を目標に戦術指導を行う。フィジカルトレーニングを取り入れて、機能の向上とポジティブ思考をもって、心・技・体そろったチームづくりを行う。
 
2.体づくり
中学生というと一番成長する時期で成長痛等が出てきたりする時期です。しっかりとしたケアーをし、ケガの無いしっかりとした体をつくります。成長と共にクラムジー状態(今まで動いていた機能が体の成長にともない動きが鈍る)がでてくるが、本人が自身を無くさぬようポジティブ思考で自身をつけていく。
 
3.礼儀
高校、社会人と成長していく上で必要な挨拶・礼儀の指導。用具を大事にする気持ちを育てる。
 
▲ページの最初に戻る
 
Puerta熊本FC入会募集!! Puertaブログ
 
ホーム活動予定表コース紹介指導目標規約プエルタの由来紹介入会案内Puerta ブログサイトマップ
 
 Copyright (C) 2007Puerta Kumamoto FC. All Rights Reserved.